温泉 街歩き 静岡県

青春18きっぷを使っての東京から静岡県の修善寺への日帰り旅行

投稿日:2016年10月10日 更新日:


修善寺ってどこにある?

静岡県伊豆市にある町です。
温泉で有名ですよね。
今回は温泉に入ることを目的に行ってきました。

東京から修善寺までの普通運賃

東京から三島まではJRで片道の普通運賃は2270円、往復だと4540円です。
青春18きっぷ1回分の2370円を上回ります。
三島から修善寺までは伊豆箱根鉄道駿豆線となり、片道510円、往復1020円です。
こちらは18きっぷの範囲外なので別途運賃が必要となります。



東京から修善寺までの普通列車でかかる時間

東京から東海道本線で熱海までが約1時間50分。
熱海から三島までが約13分。
三島から伊豆箱根鉄道駿豆線で修善寺までが約40分。
合計で約2時間40分です。

修善寺での観光

・伊豆箱根鉄道駿豆線

伊豆箱根鉄道駿豆線

伊豆箱根鉄道駿豆線は富士山の南側を走る路線です。
三島二日町駅と大場駅間で富士山が車窓からよく見えたので、下車して撮影したのが上の写真です。
富士山と鉄道ってよく合いますね。
撮り鉄しながら街歩きをするのも楽しいですよ。

・修禅寺

修禅寺

弘法大師縁のお寺です。
手水舎では温泉が出てきますよ。
境内には様々な像やモニュメントがあるのも面白いです。

・筥湯

修善寺の筥湯

湯船はひとつだけのシンプルな温泉施設です。
一般利用客も350円というお値段なので気軽に入ることができます。
筥湯の隣には仰空楼という展望台もあるので必見ですよ。
日帰り温泉・伊豆市観光協会修善寺支部

・足湯

修善寺の河原湯

修善寺の町の中心を流れる修善寺川沿いに河原湯という足湯があります。
無料で利用できますので、街歩きで疲れた足を休ませてみてください。

参考リンク

修善寺への旅のより詳しいレポートは「とくとみぶろぐ」で行っておりますので、こちらも参考にしてみてください。

冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅
冬の青空の下、伊豆へ行こうと思う 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その1
富士山と伊豆箱根鉄道の写真を撮影する 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その2
伊豆箱根鉄道駿豆線を乗りつぶす 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その3
伊豆修善寺の日枝神社と修禅寺 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その4
修善寺川沿いの足湯に入る 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その5
修善寺温泉筥湯(はこゆ)で旅を終える 冬の青春18きっぷで行く修善寺の旅 その6

※文中の値段は全て2016年10月のものです。

-温泉, 街歩き, 静岡県

執筆者:

関連記事

青春18きっぷを使っての東京から山梨県の山梨市への日帰り旅行

山梨市ってどこにある? 山梨県の中部から北部にかけての広い範囲に山梨市はあります。 県庁所在地の甲府の隣ですね。 中央本線には山梨市という駅が存在しています。 東京から山梨市までの普通運賃 東京から中 …

青春18きっぷを使った東京から群馬県の桐生への日帰り旅行

桐生ってどこにある? 群馬県の東部に桐生市はあります。 JR両毛線の桐生駅はこの桐生市内にあります。 東京から桐生までの普通運賃 東京駅から桐生駅までの片道での普通運賃は2268円、往復だと4536円 …

青春18きっぷを使っての東京から茨城県の牛久への日帰り旅行

牛久ってどこにある? 茨城県牛久市は茨城県の南部にあります。 JRの駅では常磐線の牛久駅とひたち野うしく駅の2つがあります。 牛久沼や牛久大仏といった観光地もありますね。 東京から牛久までの普通運賃 …

青春18きっぷを使っての東京から茨城県笠間市への日帰り旅行

笠間ってどこにある? 笠間市は茨城県の中部、水戸市の西側にあります。 東京から笠間までの普通運賃 笠間市には常磐線や水戸線が通っていますが、ここでは市の中心である笠間駅までを計算してみます。 東京から …

青春18きっぷを使っての東京から茨城県の水戸への日帰り旅行

水戸ってどこにある? 茨城県水戸市は茨城県の県庁所在地です。 東京から水戸までの普通運賃 東京から水戸までの片道での普通運賃は2268円、往復だと4536円です。 東京から水戸までの普通列車でかかる時 …